イビサクリーム 効果ない

イビサクリームは効果ないについて真相とは!

イビサクリームの効果ない

イビサクリームはデリケートゾーン美白ケア商品人気No1、そして、お客様満足度96.7%という高評価の黒ずみケアアイテムです。しかし、中には効果ないというコメントも見受けられます。これからイビサクリームを試そうと思っている人には効果ないというコメントは気になりますよね。

 

そこで、イビサクリームは効果ないと言っている人の真相にググッと迫ってみました。

 

効果ない真相はこれ?

イビサクリームは人気脱毛サロンが多くのお客様の声を聞きながら開発したVIOラインの黒ずみに塗るだけで美白になるという、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性なら誰もが欲しくなるクリームなのです。

 

累計販売本数もすでに15万本を突破し、使っている人達の満足度も96.7%と非常に高評価を得ています。そんなイビサクリームでも中には効果ないと言っている人も見受けられます。その理由はなんなのか気になるので検証をしてみました。

イビサクリームの評判がとても高かったので早速購入して使ってみました。下着によるスレなのかどうかわかりませんが、アソコの黒ずみが気になっています。2週間ほど使ってみたのですが、今のところ効果ない状況です。効果が出るまでまだまだ時間がかかりそうです。

イビサクリームは効果ないと言っている人のほとんどが実は似たようなコメントで、その要因は使用期間が短すぎると言うことです。効果を実感できたと言っている人のほとんどは1?2ヶ月は使用しているのである程度は頑張って使い続ける必要があるという事ですね。

使い方に問題?

イビサクリームは効果ないと言っている口コミで、もう一つ気になるものがありました。使い方に問題があると効果が実感できないケースもあるようです。

イビサクリームを使えばデリケートゾーンの黒ずみは治るし、全身の黒ずみにも効果があると評判なのでイビサクリームを購入してみました。お尻とデリケートゾーンの黒ずみが気になっていたので両方を試してみました。お尻の黒ずみは2週間ほどで薄くなってきたのですが、デリケートゾーンの黒ずみは効果ないどころか痒くなってしまいました。

この使ってみたら痒みが出たというコメントもいくつか見られ、この要因は塗る範囲が広すぎてデリケートゾーンの粘膜にまで塗ってしまっている可能性があるのです。というのはデリケートゾーンの粘膜は非常に敏感な部位でイビサクリームに限らずクリーム類が付着するとかゆみやかぶれの原因となってしまうのです。

 

イビサクリームを塗る時は、粘膜の部分に塗らないように量と塗る範囲に十分気をつけて使うようにする事が大事なのですね。

使い方のポイント!

イビサクリームは正しい使い方をしないと効果が半減したり、効果が実感できないケースもあるようです。そこで、正しい使い方について整理してみましたので確認して下さいね。

 

イビサクリームを使うタイミングは、朝晩2回です。その時に塗る量が多いと粘膜まで塗ってしまい痒みの原因になってしまいます。一回に塗る時のお勧めの量は1円?5円玉くらいの大きさの量と覚えて下さいね。

 

そして塗るときは、粘膜にかからない範囲で黒ずんでいるところよりやや広範囲にやや多目に塗り込むようにして下さいね。

 

そして、効果をアップする為のポイントとしては、お風呂上がりなど毛穴が開いている時に塗ると浸透率が高まるのでベストです。その上で冷やしたタオルなどで引き締めてあげると吸収されやすくなるようですよ。

 

更に、一度塗り込んだあと乾いたのを確認した上で2度目塗り直すと効果が出やすくなるそうですよ。試してみて下さいね。

 

>>イビサクリームの最安値はコチラ